FC2ブログ
ラフカデイオ・ハーン=小泉八雲
吉丸一昌が熊本の第五高等学校に入学した明治27年に高等学校令公布に伴い第五高等学校と改称された。その年に任期を終えた小泉八雲=ラフカデイオ・ハーンが11月に去っている。僅かな期間であるが接触があったかも知れない。
そして、吉丸が2年生の時、明治29年に夏目漱石(金之助)講師として赴任した。後に文豪と言われた二人の教授から教えを受けることが出来た一昌の”青春の熊本の第五高等学校” 何ともすばらしき青春時代だったのだろうか。
下の写真は小泉八雲。
images.jpg

明治24年、当時、文部省参事官の嘉納治五郎が校校長に任命され、彼の要請で松江中学に居た小泉八雲が赴任してきた。日本国籍を得たラフカデイオ・ハーンは日本名を小泉八雲と改めており、熊本で長男も生まれている。
明治27年、大分の田舎町・臼杵から出てきた一昌は外国人教師に対してどのような感慨を得たのだろうか。
今日の産経新聞のコラムに外交評論家の岡本行夫氏が書いた記事を見た。「明治の日本の勢いは、多くの外国人の支援で可能になった。欧米から日本にやってきた約千人の顧問、技師、教師たちが近代国家建設に携わった。」確かにそうであったのかも知れない。後に、吉丸一昌は東京音楽学校においても多くの欧米から来た外国人教師と知り合うことになる。そして、彼らから多くの外国曲の訳詞を依頼されたのかも知れない。例えば吉丸の代表曲である「故郷を離れる歌」(ドイツ民謡)や「浦のあけくれ」(マジンギー作曲)また、「四つ葉のクローバー」は東京音楽学校の教授だったルドルフ・ロイテルが作曲したものに日本語訳した。今回、この「四つ葉のクローバー」を中田章のお孫さんである中田順子さんに歌ってもらう。ゆっくりとしたテンポの作品だ。
こうして、単に歌を聴くだけでなく当時の歌の背景を考えてみる事も別の意味で興味深い。
【2010/03/31 22:12】 | 熊本第五高等学校 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
五高時代の一昌
吉丸一昌が通っていた第五高等学校時代の逸話がある。一昌は学業と共に剣道に励んだ。旧臼杵藩主の稲葉家から奨学金を支給されていた。貧しい下級武士の家だったために奨学金は吉丸家にとっても有り難いものである。
吉丸一昌の研究家の吉田稔氏の著作「望郷の歌」に五高時代のエピソードが書かれている。『あるとき宮様が、五高を訪問された。学生は校門から玄関まで道の両側に整列してお待ちした。体育の先生が一番前列に居る彼に気づいて「吉丸は後列に下がれ」と命令した。その頃の学生は幣衣破帽を得意としていたが一昌の服装はその点群を抜いていた。一昌には服や帽子を買い替える金がなかったのである。
運動会でに得意でもない5000M競争に出た。皆不思議に思って観ていたがやはりビリだった。一等の商品が学生服であったので皆はなるほどと思った。』

下の写真は東京帝国大学時代のもの。右側の羽織袴を着て、風呂敷に書籍を包んでいる。右手にコーモリ傘か。
帝国大学の学生は「末は博士か大臣か」と言われた時代だ。
DSCF1479.jpg
【2010/03/30 22:44】 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
熊本第五高等学校
 臼杵市から熊本へ、私たちは吉丸一昌の青春時代の足跡を訪ねる旅の続きを書いてみる。
あいにくの雨模様に少々うんざりしながら竹田市から熊本へ向かった。途中、阿蘇の草千里を通過した。普通の路線からの寄り道であるが、滅多に来る機会がないからという息子夫婦のリクエストだ。霧が濃く立ちこめていてほとんど何も見えない。息子夫婦たちと熊本空港で別れて市内に入る。

翌日は、また雨である。2泊三日のスケジュールであれば雨でも強行軍。先ずは、熊本城を観る。前日のホテルから熊本城の天守閣がライトアップされて雨の中に浮かんでいた。
市内には珍しい路面電車が走っていた。
DSC_0127.jpg
 熊本城と言えば加藤清正といわれるくらい有名なお城である。ネットで調べると意外な事が分かるものだ。
「隈本」を「熊本」に改めた事は知らなかった。次の変遷をwikipediaから引用する。
『加藤清正は、1591年(天正19年)から千葉城・隈本城のあった茶臼山丘陵一帯に城郭を築きはじめる。1600年(慶長5年)頃には天守が完成、関ヶ原の戦いの行賞で清正は肥後一国52万石の領主となる。1606年(慶長11年)には城の完成を祝い、翌年「隈本」を「熊本」と改めた。これが現在の熊本城である。1610年(慶長15年)から、通路によって南北に分断されていた本丸に通路をまたぐ形で本丸御殿の建築が行われた。』 西南の役には天守閣等が焼失し、現在のようになったのは昭和初期から順々に復元されていった。
吉丸一昌が第五高等学校に入学した当時は多分天守閣も焼失したままだったろう。私たちは、昼食を市内のラーメン店に入る。東京では熊本ラーメンという名前は余り見かけない。ラーメンブームは以外や東京だけなのかも。
DSCF1304.jpg

午後も相変わらずの雨模様、しかも寒い。第五高等学校には何が何でも観なくては熊本に来た意味がない。100年以上も前、吉丸一昌がこの第五高等学校にどんな志で入学したのだろうか。そして、どんな青春時代を過ごしたのだろうか。
レンガ造りの校舎が記念館として残っている。
DSC_0141.jpg

DSC_0133.jpg
校舎には黒光りする廊下、教室は当時を再現し、白墨で書かれた字が黒板に遺されていた。
DSC_0138.jpg
窓越しに樫の大木がどっしりと根をおろしていた。この窓から吉丸一昌も樫の木を観ながら青春時代を過ごしたのかと想うと無性に私は目頭が熱くなった。
DSC_0139.jpg
幾多の著名人を拝した名門の旧制第五高等学校。あの文豪・夏目漱石から英語の教師として教えを受け、生涯恩師として慕った湯原元一教授。後に湯原は東京音楽学校の校長として赴任。湯原は赴任後、すぐに吉丸一昌を教授として迎えてくれた。第五高等学校での出会いが後の進路を決定付けることになるのである。
【2010/03/28 21:37】 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
1回目の音合わせ
昨日、(26日)は安曇野からコンサートに来ていただく男性ソリスト、松島誠治君が1日の全員参加の音会わせには都合が付かないため特別に眞理ヨシコさんとピアニストの貞光裕美子さんに都合をつけていただいて合わせをしていただいた。場所は下北沢の貸しスタジオ「スタジオNOAH」。
松島誠治君は第一回の顕彰コンサートに出演している。眞理さんとも5年ぶりである。5年経った、彼の成長ぶりは楽しみだった。彼は今年、神戸国際音楽コンクールで2位(優秀賞)に輝いた。
DSCF1467.jpg
 今回は、眞理ヨシコさんが歌う滑稽唱歌の一つ「お祖父さん,お祖母さん」の掛け合いを二人で歌う。練習も中々、熱が入り、吉丸一昌の滑稽唱歌の神髄を聞く事ができる。
ピアニストとも息が会い、松島君が歌う「木の葉」、「お玉じゃくし」、「夜の道」そして、掛け合いでやる「お祖父さん,お祖母さん」は梁田貞の曲がずらりと続く。フォスターの「夕の鐘」。小さな作品が多いが、彼の成長ぶりが伺えた。
ピアニストの貞光裕美子さんのあの笑顔がお客様のハートに響くであろう。
DSCF1471.jpg
【2010/03/27 20:37】 | 顕彰コンサートの内容 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
1週間後に迫った歌碑建立式典とコンサート
時間の経過表現には「光陰矢の如く」という言葉がある。4月4日の早春賦歌碑建立式典と第5会顕彰コンサートがいよいよ目前に迫ったて来た。来週はこの関係の予定がめじろ押しだ。4月1日にはコンサート出演者の全員で通しの稽古が行なわれる。幸い、昨年までの児童合唱団による演奏がない分練習に割ける割合は少ない。今回の出演者を紹介する。
第一回からの眞理ヨシコさんによる総合司会は従来通りである。
写真は第一回のコンサートの時の眞理ヨシコさん
唄う真理さん

歌碑の「早春賦」を歌ってくれた森岡紘子、竹内直美、栗田真帆の三人のシンガー、同じ仲間のチェロリスト磯野正明とピアニスト貞光裕美子さんが演奏する「もう一つの早春賦」はちょっと楽しみな演奏曲である。また、「早春賦」という歌を顕彰するために吉丸一昌のひ孫に当たる藤田槙葉さん、中田章の孫に当たる中田順子さん。そして、第一回に出演した私の大町高校後輩の松島誠治君は唯一の男性シンガーだ。
【2010/03/27 16:31】 | 吉丸一昌音楽祭 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
前ページ | ホーム | 次ページ