FC2ブログ
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 | page top↑
ゲネプロ
「ゲネプロ」はステージでの通し稽古のことで、時間も進行順も照明もPAも大道具や小道具も全て本番と同じようにリハーサルすることを言います。
ドイツ語の「ゲネラールプローベ」の略で、どちらかと言うとクラシック系でよく使われる用語です。この「ゲネプロ」の意味をしりたくてネットで調べてみた。
まー そんな大それた言葉を使うつもりはなかったが、通しのリハーサルの事である。

満開の桜本堂
龍光寺の境内の桜もとうとう満開になってしまった。満開どころかチラチラと花びらが散っている。眞理さんいわく「桜って変な花ね。一斉に咲いて、一斉にすぐ散ってしまうなんて!」私の桜に対するこだわりに答えていただいてるのかもしれない。というのは桜前線を気にしながら龍光寺は開花したか、あの春の嵐は花チラシの嵐だったか、今満開か?本番には何もなくなっちゃうの?気になる確かに変な花である。
 1時頃から合唱団の元気な子供達の歌声からゲネプロが始まる。今回も「新作唱歌」10集の中で大きな骨格をなしている”滑稽唱歌”を紹介する。外国曲,特にイギリスの曲に吉丸が苦心して歌をつけている。しゃれた旋律におかしな落語のような笑いのある詩(歌)がアンバランスでおかしくなってしまう。
眞理ヨシコさんが見守る中「吉丸一昌顕彰記念合唱団」が歌う。

子供合唱JPG
合唱団の小さな子供が可愛い。昨年も参加してくれている。1年経って大きくなったのかな。
4月に2年生になった松本ゆいチャン(真ん中)と久我まゆチャン(右)は合唱団のアイドルだ。

朗読2
ゲスト出演の五月女智恵さんが難解な「隅田川」(小松耕輔歌,梁田貞曲)、新作唱歌5集の「光」は詩と曲がうまくマッチしている。良いな!! 梁田貞の「城ヶ島の雨」も歌われる。ソプラノで朗々と歌う五月女智恵さんはぎっしり埋まった観客を魅了すること間違いなしである。
写真は合唱団の子供達をバックに歌う五月女智恵さん。
五月女JPG
スポンサーサイト
【2008/04/04 18:28】 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<明日はコンサート本番 | ホーム | 救いの神・芸術文化振興基金助成>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
→http://kazumasakenshou.blog91.fc2.com/tb.php/40-bc05083a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。