FC2ブログ
早春賦のCD
DSCF1341.jpg

紅梅の花びらが地面いっぱいに散っていた。梅の花前線が今,水戸まで来ているとか。
今朝、我が家の近くを散歩するコースで観た。朝の柔らかな光が苔むした幹に射していた。甘い梅の香りがほのかに漂っている。何とも平和な風景である。

さて、菩提寺の龍光寺に出来る歌碑からは三種類の「早春賦」が流れる趣向になっている。CDプレーヤーをお持ちの方がCDを聞くときと同じだと思ってもらえば良い。
童謡唱歌の重鎮である眞理ヨシコさんが独唱する「早春賦」と女声三人によるアンサンブル、三種類目が曲だけである。チェロとピアノによる演奏、なかなかの出来ばえである。
今回販売するCDはこの歌碑から流れるものと同じモノである.。
スポンサーサイト



【2010/02/21 19:20】 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
歌碑の予想写真
2月立春が過ぎてから異常な寒さに日本列島は被うわれている。毎日のように「今日も,昨日も雪の空」である。
17日、歌碑が建立される場所の整地が始まった。大きな石台の上に何トンもある石碑が載るためか,大きな深い穴が掘られ、基礎をガッチリしなくてはならないそうだ。
DSCF1333.jpg

DSCF1335.jpg

石は緑がかっている。歌碑の石を割った半分の石に右側に作詞者や作曲者なおの名前が刻まれ,左側の石には寄進者の名前が書かれたステンレス版がはめ込まれる。
したの写真は,歌碑の予想写真です(合成写真です):石坂石材店提供。
図面1

【2010/02/17 22:24】 | 菩提寺の歌碑 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
梅にウグイスならぬ雪
DSCF1316.jpg
 梅に鶯(うぐいす)ではなく、雪が梅の花に降り積もってしまった。この写真は,去る2月2日に降った雪を撮影した。こんなに寒い日が続くのに梅の開花が早かった。
さて、先にお伝えした「菩提寺に早春賦の歌碑を建てよう」という内容のブログを書いた。現在,歌碑になる石に早春賦の歌を彫る作業に入っている。昔は石工の職人さんがノミで一字いちじカンカンと彫っていったものだ。今じゃ、
電気ノミ?がコンピューターに詩文を記憶させて彫るそうだ。だからあっと言う間だ。石工職人さんはお年を召しており、お願いするだけで大変な費用がかかると思う。次回は歌碑に石を紹介しようと思っている。
【2010/02/15 23:41】 | 立春と大雪 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
いよいよ早春賦歌碑建立
随分,留守をしておりましたが,今年も「吉丸一昌顕彰コンサート」のブログが戻ってきました。
第5回目の今年は「菩提寺にも早春賦の歌碑を建てよう」という想いで続けてきた、いわば「吉丸一昌顕彰コンサート」は、イコール「早春賦コンサート」でもあったわけである。
眞理ヨシコさんが初回からこの第5回目までずーとお付き合いしていただきました。
K-1508.jpg
今年は構成演出の井上氏が都合で抜けてしまい、私が構成案を作成し,眞理ヨシコさんが手直しをしていただいている。第一部に「早春賦歌碑建立式典」を、第二部がコンサートという企画である。そして、コンサートには今までの集大成的な意味合いで「早春賦と吉丸一昌顕彰」という形にしてみょうとおもっております。乞うご期待!
【2010/02/12 22:47】 | 眞理ヨシコさん | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
| ホーム |