FC2ブログ
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 | page top↑
臼杵は、「昔と今が混在する町」
臼杵市のホームページを見ると「昔と今が混在する二王座の町並み」とキャッチフレーズが出て来る。私は過去、何度か二王座の町並みを歩いた。何度来てもすばらしい。それこそ世界文化遺産にしても良いと思う。
DSC_0031.jpg

夕陽が町並みを赤く照らしている。こんな綺麗な夕陽なのに翌日はグヅつく天気になるとは・・
DSC_0026.jpg

大小二本差しの武士がひょっと出てきそうな町並みである。きっと私たちのご先祖様もこの町を大小二本差しで歩いていたかと思うロマンチックな佇まいだ。私のひいお祖父さんに当たる吉丸角内、一昌の父上である吉丸最後のちょんまげを結っていたご先祖様である。残念ながら写真などが存在していないのでどんな顔付か分からない。下級武士として随分苦労をしていたそうだ。明治10年西南戦争で追われてきた西郷隆盛の軍が臼杵に侵入。旧藩士たちにより「臼杵隊」が結成され、ひいお祖父さんの吉丸角内も弟・貞四郎(晩年の写真は存在)と参戦した。この戦いで角内も負傷したという。一昌が5才の時である。

DSC_0034.jpg
 おもしろいカンバンがあった。「あいさつをされてするより自分から」いいな!
スポンサーサイト
【2010/03/18 23:04】 | 吉丸一昌について | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。