FC2ブログ
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 | page top↑
吉丸一昌と府立三中(現、都立両国高校)の校歌
先日も、吉丸一昌が明治34年に帝国大学を卒業し、翌年35年に府立三中(現、都立両国高校)に奉職したことを書いた。明治37年3月に始めて卒業生を出して、記念の歌を作詞した。その後12月に校歌を作詞した。この校歌は平成20年の今日まで歌われ続けている。この時代は日露戦争が、旅順攻防戦のさなかであった。翌年1月ロシアが降伏した。
スポンサーサイト
【2008/02/27 23:08】 | 吉丸一昌伝 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
岡田孝一さんの著書
昨年、都立両国高校出身の岡田孝一さんが表した「吉丸一昌 日露戦争と府立三中」小さな本であるが中身は濃い。一昌が東京帝大を卒業して現在の都立両国高校(旧府立三中)に国文学の教師として就任。そして、明治43年、東京音楽学校に入るまで凡そ7年間に渡る吉丸一昌を同校に多数残る資料から書き上げたものである。この頃からか、吉丸一昌はペンネーム「萬古刀庵」という号を使っている。「まこと」と読むと岡田氏は書いている。わたしは「ばんことうあん」と読むかと思っていたが。その後、東京音楽学校の学友会誌「音楽」にもこの「萬古刀庵」が使われている。旧府立三中に着任早々に学友会誌第2号(明治35年)に私が気に入った詩が載っている。”くだちゆく夜の夜すがらを刀懸の かたなの上に鳴くきりぎりす” 刀の上できりぎりすが鳴いている風情が当時の生活が分かるような気がする。また、”未だ成らずわれ唯酒に嘆くのみ 十年の剣十年の文” 剣も文学も10年やっているのに少しも上達しないと酒を飲みながら愚痴っているのだろうか。
今日はこの本のさわりの部分を載せてみた。
コンサートでも1冊800円で販売します。
【2008/02/26 22:28】 | 吉丸一昌伝 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。