FC2ブログ
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 | page top↑
吉丸一昌について
吉丸一昌は明治6年9月15日、大分県臼杵市に生まれました。大分中学から第五高等学校へ進学した時に、夏目漱石との出会いが、のちの進路に大きな影響を及ぼしたと言われている。その後、東京帝国代(現東京大学)へ入学。
大学時代にはこの龍光禅寺に身をよせ、当時の住職にお世話になったと言われており、吉丸家の菩提寺でもあり、一昌の父、吉丸角内も一緒に葬られている。
 そして、東京帝国大学在学中、自宅を開放して私塾「修養塾」を開き、地方出身の若者に勉学から衣食住、就職にいたる世話をしていた。同じ時期、上野・下谷御徒町に「下谷中等夜学校」を開設するなど若たちの育成に力を注いだ。
 東京帝国大学を卒業後、府立三中(現、都立両国高校)に赴任し、さらに明治42年、東京音楽学校(現、東京芸術大学)の教授として就任。間もなく「尋常小学校唱歌」の編纂委員として芳賀矢一、上田万年、高野辰之、佐佐木信綱らとともに日本の唱歌成立に重要な役割を果たした。
しかし、「尋常小学校唱歌」にあきたらず、明治45年から大正3年の間に「新作唱歌全10集」を自ら著した。この中には「早春賦」、「故郷を離るる歌」、「お玉じゃくし」、「蛍狩り」など広く親しまれた歌を書き残してしている。
大正5年3月7日、心臓発作により44才という若さで急逝した。
スポンサーサイト
【2007/01/31 15:49】 | コンサートの趣旨 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。